診療案内

当院の診療方針

イメージ

岡部獣医科医院は名誉院長、院長、勤務獣医師、獣看護士などの診療部門と訓練士、繁殖者、トリマー、ペットフードメーカーなどの協力部門また獣医大学や研究者との密接な関係のもとで運営されております。
病気の治療のみならずその予防、特に病気の早期発見・治療に重点をおき、常に最新、最高の医療および医療情報を提供すべく努力を続けております。
そのために全スタッフが以下の信条を常に念頭におき、日常業務にあたっております。

  1. 誰でも自由に気軽に飛び込める明るい雰囲気づくり
  2. 患者さんの視点に立った医療、納得のいく説明
  3. 人間とペットの調和の取れた社会づくり
  4. 正しい食事・正しいしつけ・正しい手入れの仕方による社会性のあるペットの育成

日常の診療には、勤務獣医師と獣医看護士が総力を挙げてあたります。
昨今インフォームドコンセントという言葉が言われておりますが、当院では以前から気軽に質問できる雰囲気づくりを目指しており、どんなささいな疑問にもお答えできるよう努力し、可能な限り説明しております。
ペットの社会にも高齢化が進む今日、ペットの成人病の予防と治療には特に力を注ぎ、予防対策には正しい食事指導と体力に適した運動指導をおこなっております。
ペットも社会の一員であるとのコンセプトから訓練士・トリマーの協力のもとにしつけ指導・グルーミング指導を行い、人間とペットの調和のとれた社会づくりを目指したいと思います。

当院の業務内容

ペットドック
(精密検査)
犬や猫も5歳を過ぎると心臓病・糖尿病・膀胱炎・肝臓疾患・歯周病・神経疾患・眼窩疾患・腫瘍などの病気が増加します。年1回は定期検診をうけて病気の早期発見に努めることが大切です。
食事指導 犬や猫は偏食になりがちです。正しい食事は健康的な生活の第一歩です。獣医師とAHTが指導いたします。
しつけ指導 ペットも社会の一員です。社会生活を営むためにはマナーが必要です。
獣医師とAHTが指導いたします。
ボーディング 当院で定期的な健康管理と各種予防接種を受けているペットは、ご旅行などで、お留守にするときにペットのお預かりをいたします。
ペットバンク 仔猫・仔犬に新しい飼い主さんを探します。
急患受付 診療時間外の場合は留守番電話にて受け付けています。
留守番電話の案内にしたがって時間外診療専用電話にお電話ください。
グルーミング指導 よく手入れされたペットは美しく健康的なものです。
また飼い主もペットも快適な生活を送るためには必要なものです。
ペットのお預かり診療 診療時間内に来院できない方は、ペットをお預かりして診察いたします。
病院は、朝8時から開院しております。午後8時までにお迎えにいらしてください。
ピックアップサービス ペットを病院に連れてこられない場合、送迎いたします。
ペット相談コーナー ペットと人間の絆は益々深まり、毎日の生活には欠かせない存在になっています。そのような状況の中でペットに関する悩み・相談・問い合わせ等は増加する一方です。当院では、ペットに関する相談ごとをもっと気軽にしていただくために相談コーナーを設けました。ペットの育て方・しつけ・食事・手入れ・健康管理・環境にあったペットの選び方等ペットに関すること何でもご相談下さい。予約制です。相談料は無料です。